TOPへ戻る

小児歯科

将来の健康のために重要な虫歯管理や予防

痛みを取り除くためだけでなく、歯の大切さや歯みがきの必要性を幼少期に知ってもらうために、ぜひ一度足を運んでいただきたいと思います。
歯みがきの大切さから健康に対する意識が芽生え、それが毎日の生活習慣にも反映されます。
歯の大切さを知ってもらい、幼少期から口腔内の管理を行っていきましょう。

歯みがき(ブラッシング)指導

歯が生えかわっている時はもちろん、乳歯列で安定している時期でも顎は成長していますのでお口の状態は常に変化しています。それに伴い、注意するポイントや磨き方も変わります。
当院ではお口の状態に合ったきめ細かな歯みがき(ブラッシング)指導を行います。
歯みがき(ブラッシング)は毎日行うことです。より効果的な歯みがき(ブラッシング)を行い予防への意識を高めましょう。当院は歯みがき(ブラッシング)に対し適切なアドバイスを行っています。

むし歯の予防

フッ素

歯科医院で使われるフッ素歯面塗布剤は、歯みがき剤の約10倍(9000ppm)という高濃度のものです。 後述しますが、歯みがき剤のような低濃度のフッ化物とは歯への作用の仕方が異なります。 
お口をきれいにしたのち、濃度の高いフッ化物を塗ります。
フッ化物を利用して強い歯を作りましょう!

シーラント

むし歯にならないように、あらかじめ奥歯の溝をうめる処置です。
おもに永久歯におこないますが、乳歯でもすることがあります。